Monday, 21 May 2012

塩漬けレモンと鶏のタジーン

久しぶりにJamie Doesのマラケシュ編を見ていて、今日の晩ごはんは鶏のタジーンにしようかな、最後の塩漬けレモンも使えるし、とつぶやいたら、チャッキーが ”じゃあ今夜は僕が作ろう” とお買い物まで自分で行ってこしらえてくれました。
レシピはもちろんJamie Doesから。
フェンネルを探してスーパーを3軒ハシゴしたらしいです。(イギリスのフェンネルの旬は初夏から初冬にかけてらしいけれど、ちょっとポッシュなスーパーマーケットに行けばあります)私ならケチって絶対買わなかったであろうサフロンも買ってきてくれてました。(しめしめ。。。)
そうしてできたタジーンも、デザートのバニラアイスのデーツソースがけ(こちらもJamie Doesのレシピらしい)も、とてもとても美味しかったです。

フェンネルは種子はスパイスとして使ったりお茶にして飲んだりするほど大好きなのですが、球根部分は、そういえばめったに食べません。スパイスやハーブたっぷりの料理のせいか、香りの強いはずのこの野菜もほのかにアニスのような風味がする程度。煮込まれてとろとろになっていて、いくらでも食べれそう。私は好きです。フィノッキオとも呼ばれるのですよね。
ところでこのイクラのような白い粒々はパールクスクスといいます。クスクスとはいえ食感も味もまったく違っていて、あの独特の匂いがなく食感もつるつる、まるでパスタのようです。

More4というチャンネルで土曜日午前9時半から日曜日の午前3時過ぎまでずっとJamie Oliverの番組が放映されました。
Jamie's Great Britain、Jamie At Home、Jamie Does、Jamie's 30 Minute Meals、Jamie's American Food Revolution、Jamie's Kitchenの6シリーズから選ばれたエピソードがずうーっと、コマーシャルをはさみつつ流されたわけですよ、18時間以上も。
ジェイミー・オリバーMore4を乗っ取る、の週末でした。

2 comments:

http://blog.goo.ne.jp/stardust_studio said...

これ、すっごくおいしそう!
大きめのクスクスと鳥、相性良さそうですね。
ジェイミー・オリバーも、普段あんまり
料理しない私を
「ヤル気」にさせる偉大なシェフです。
昔は彼のレシピばっかり使ってました。

梅*(Ume*) said...

noriko.stardustさん

骨付きの肉だからきっとコラーゲンもたっぷりかと。
心なしか翌日は我々の肌もトゥルトゥルだったような。。。(気のせいか)

ジェイミーは偉大ですよねっ。
彼の料理は作ってる間はわくわくして、食べると「こう来たか~」と感動します。