Wednesday, 15 August 2012

絆?

母の愛犬、ウシです。
妹が休暇で実家に帰った際に撮って送ってくれました。

妹曰く、

「リードから離してやってもどこにも行かないでじーっと側にいるよ。」

という母の言葉を信じて、丘の上の公園まで散歩に連れて行った際に放してやったら「ものすごい勢いで崖っぷちまで走って行きやがった!」そうです。

ウシ、母の前ではいい子なんだね~。(笑)

5 comments:

zingo de mopsje said...

ウシって...むっちゃかわいい名前ですね!!

しばらく抱腹絶倒しちゃいました(笑)

梅*(Ume*) said...

zingoさん、ありがとうございます。
名付け親は母らしいのです。
「牛みたいな柄だから」って(笑)

そういえば、飼い猫に宮本と名付けている同僚がいましたよ。
その猫が一度いなくなってしまったことがあって、仲間と一緒に
「ミヤモトーッ!」
「ミヤモトーッ!」
と呼んで近所を大捜索したそうです。
側を通りかかった人間のミヤモトさん達はドキッとしたことでしょうね。

梅*(Ume*) said...

追伸
私も全速力で駆けてゆくウシの姿と、あっけにとられる妹の顔を想像して笑いが止まりませんでしたよ(笑)

しんさん said...

こんにちは、梅*さん^^

梅*さんブログを開いた途端、ぱっと私の目に飛び込んできたウシくん(ちゃん?)・・・思いがけぬ写真に、え?絵はがき??って一瞬思っちゃいました。
緑の草の上にフセするウシくん、可愛いー!!

てーーーっと崖っぷちまで駆け出すウシくんを想像し、思わずぷぷと吹き出してしまいました。
可愛いんですよね、このタイプのワンくんが全力疾走する姿って。
妹さんの姿も想像すると可笑しくて・・・
ウシくんと命名するお母様のセンス、魅力的です^^

梅*(Ume*) said...

しんさん、おはようございます。
たぶん『くん』であっていると思います
^^
ウシなんて適当な名前つけるところにA型母の大雑把な一面が表れているとあきれていたんですが、慣れてみるとこの名前以外にありえないような気がしてきたから不思議です。

あ~、私もまた犬を飼いたいな~ってまたひとつ夢ができてしまいました。