Monday, 3 June 2013

植物園

好天が続いております。
こんなに過ごしやすい日が1年の3分の1、いえ贅沢は言わないわ、100日でもあったらイギリスにずっといてもいいよね、とスペイン人の同僚と話しておりました。(とはいえ二人ともどこかに移住する予定もアテもないのですが)
実際晴れの日って何日くらいあるのでしょう?数えてみたことも統計を確かめてみたこともないからわからないけれど、1年のほとんどが曇りか雨かのような感覚があります。気のせい?

ともかく、素晴らしいお天気の週末。
お散歩コースのひとつである植物園も日光浴やピクニックをする人びとでいっぱいでした。

いつものごとくカメラの設定まかせなのですが、自分の腕で思ったように撮れないのでつい頼ってしまいます。
私の目に映るイメージにはこの方がよほど近いというか。














下から3枚目の植物は全体に白い産毛のようなものに覆われていて、なでてみるとビロードのようで気持ちよかったです。

最後に、公園で練習中のジャグラー。


6 comments:

bonkley said...

どれも透明感のあるいい写真ですね。
特に最後の一枚、いい感じですね。

zingo de mopsje said...

ご無沙汰しております。
今年は特に寒くて晴天の少ないオランダなんですが、イギリスはどうなんでしょうか?

淡い青とピンクの勿忘草は写真での発色が難しいですよね。
思ったように色が再現されなくていつも悩まされます。

最後の写真はストップモーションみたいで面白いですね~。

梅* said...

bonkleyさん、ありがとうございます。bonkleyさんにそう言っていただけると嬉しい(救われ?) ます。
最後のジャグラーさん、のんびりする人が大多数の中、懸命に何かをやっている姿に惹かれました。

梅* said...

zingo de mopsjeさん、こちらこそご無沙汰しております。
イギリスも気温が低い日が多くて寒いのです。5月の下旬にアラレが降ったりしましたよ。

zingoさんの植物の写真はいつもとても鮮やかですよね。私のはも~発色がっていうレベルでなく、お恥ずかしいです。でも最後のはタイミングよく撮れてたみたいでラッキーでした!

それにしてもこれが忘れな草なんですね!
道端でもよく見かけるのですが、可愛いなぁ、なんて言うんだろ?といつも思ってたんですよ。
おかげさまでスッキリしました^^

Miyuki Stroud said...

うひゃ~、綺麗~~!!
こんな植物園が近くにあるなんていいですね~。
紫のねぎ帽子みたいなのの前の写真の
目の覚めるようなブルーのお花は何でしょう?初めて見ました。
変な言い方ですが、自然のものと思えないくらい綺麗。
ビロードみたいな植物、たぶん「lamb's ear」だと思います。
子羊の耳みたいな感触だったでしょ?(*^^*)

梅* said...

この植物園、なかなかでしょう?(^_^)
わりと広くて秘密の花園のような一画もあってなごめるんですよ~。

あのブルーの花は、非現実的に青かったです。大きさもこぶしくらいはあり存在感抜群のクールビューティーさんでした。
ネットで検索してみましたがそれらしき花がみつからず(._.) お役に立てずごめんなさい。

lamb's earか、なるほど!
子羊の耳は触ったことないけどきっとそんな感じですね(*^m^*)