Monday, 3 June 2013

ファラフェル

北アフリカ料理のレストランを見つけ、窓に貼られたメニューを眺めていたら中近東でよく食べられるというファラフェルが。

少し前に地元では人気のカフェでファラフェルバーガーを食べてものすごく失望させられた夫は、そのメニューを見てやや興奮気味。その時のファラフェルはそれまで食べたものとはほど遠いベビーフードのような食感だったそうで、本物がいかに美味しいかを力説する彼に耳を傾けながら、どんな食べ物なのだろうと想像を膨らませていました。
するとちょうど札が閉店から開店にひっくり返されたのでテイクアウトをお願いしてみると、オーナーシェフらしき男性が出てきて快く承諾してくれました。
芳しい香りただよう居心地よい店内でおしゃべりして待つこと10-15分ほど。実は開店かと思ったのは私たちの早とちりだったらしいのですが、そんなことは気にしないで、とダンディーで素敵な接客のシェフがにこやかに持ってきてくれたのがこちら。
こんがりとして揚げ肉団子みたい。
熱いうちに食べたいよねと歩きがてらつまみ食いしたのですが、お、おいし~い!
食欲をそそる香りといい、しっかりした味つけといい、夫が力説したくなる気持ちがわかりました。

材料はひよこ豆だったりそら豆だったり、または両方だったりするようですが、これはどうやらひよこ豆のよう。
つぶつぶで噛み応えのある食感がよいです。

中近東、地中海や北アフリカあたりの料理とくればまずYotam Ottolenghiさんが頭に浮かびます。
が、彼のレシピを見つけた!と思ったら、ご本人のサイトではなかったので、替わりにと言ってはナンデスガ、久々にH F-Wのレシピを。こちらになります。

4 comments:

Miyuki Stroud said...

ファラフェル、ケバブ屋のとか、サンドイッチに入ってるのしか
食べたことないんですけど(^^;)ゞ
結構満足しちゃってます。(それでもベビーフードみたいではないです。笑)
写真のは外側カリッとして、ほんとにおいしそうだなぁ~。
今はもうやってないみたいですけど、以前、WIMPYのビーンバーガーがファラフェルっぽくて、結構アタリだったんですよ~!

梅* said...

Miyukiさん、WIMPYを知らなくてググッちゃいました^^; ビーンバーガーおいしそうな響き♪

この揚げたての、カリッカリでおいしかったですよ~。ベビースターラーメンの味に似てました。
私が知らなかっただけでファラフェルって意外にTofuくらいイギリスにも浸透してる食べ物なんですね。
昨日買い物に行ったときにふと思い立ってお惣菜みたいなのが陳列されてるコーナーに行ったらあっさりファラフェルも見つかり「なんだ、あるんじゃん!」みたいな 笑

Miyuki Stroud said...

あ、WIMPY自体がもうないですよね^^;
無駄にググらせちゃってゴメンね~。(><)
↓お花の名前も調べさせちゃって。。。
初めて観光でロンドンに来たハタチの遠い昔、
WIMPYだらけだったんですよ。マクドナルドより多かった。
それが2年後に来た時はほとんどバーバーキングに取って代わられていて、印象的だったんです。
今はロンドン中心部では全滅状態ですが、
東ロンドンに住むようになったら、こっちの方には
ポツリポツリとあるんですよね、なぜか。。。
ビーンバーガーはもうないけど。

うちのあたりはものすごく中近東系移民が多いので
スーパーのサンドイッチにもファラフェルが挟まってるのがあります。
中華系も多いのに、Tofuはないんですけどね~。

梅* said...

いえいえ、ちゃんとウェブサイトも見つかりましたよ~。
郵便番号打ち込んで一番近い店舗を探したら隣町にありました!
うちのイギリス人はWIMPYは消滅したものだと思っていたようです。
彼も、昔は街中にあったもんだ、と遠い目をして言っておりました(笑)

実は一昨日、そら豆バージョン(ターメイヤと言うそう)を作ってみたのですが、出来も味も納得いかなかったので写真撮りませんでした。
東ロンドンあたり、おもしろそう~。
中華系にTofuがないのも不思議ですね。