Friday, 30 April 2010

日々のこと ①

世の主婦の方にはそんなの当たり前だと言われそうですが、少なくとも午前中は家のことをすると決めています。
やることがあって外出しているときを除いては、お昼ごはんの時間がくるまでは必ずどこかを磨くなりなんなりすると。
そうでないと、この面倒くさがりの私のこと、いくらでもグータラしてしまうからです。
コンピューターを開いてそのまま3時間くらい過ぎてしまったり、外が気持ちのよい季節には庭の草花やマルハナバチをボーっと眺めて1、2時間経ってしまったり、つい読みかけの本に手を伸ばしてとまらなくなってしまったり。

よういかんですばい。

なので少なくとも朝は家事。
掃除がすんでいても、洗濯物を干し終わっていても、とにかくなんかやります。
窓拭きとか、ボタン付けとか、いくら言ってもきれいにならない息子の部屋の片付けとか、家中の出っ張りという出っ張りを拭くとか、草取りとか。探せばいくらでもあるものです。
というか、ここまで自分を戒めないときちんとできない不良主婦なわけです。
トゥミマテン。

しかし。
そんな、私にとっては(あくまで私にとっては)禅の修行のような午前の時間でも決してやらないことがあります。
それは夫のワイシャツのアイロンがけ。
私、きらいなのです、アイロンがけが。
とくに男物のシャツにプレスをほどこすのが。
めんどくさいっ。
でも最初は我慢してやっていました。(当然か)
茶助は「ええっ!?何言ってるんだい、やらなくていいよ、そんなこと。アイロンがけくらい自分でやるよ。」という人なのですが、「いえ、やらせていただきまスッ」と言ってやっていました。それこそ行脚のように感じながら5枚のシャツにかけてましたシューッ、シューッとアイロンを。
で、ある日気づきました。
茶助が毎朝出勤前にアイロンがけをし直していることに。
・・・・・・・。
それでその次の時には念を入れて丁寧にかけました。
しかしやはり、襟の部分をかけ直していた・・・・。

夫:「ここはね、こうしてね、こうする方がきれいに見えるんだよ。」
私:「ふうん。。。あ、ねえ、私のブラウスにもかけてくんない?」
夫:「いいよ。」

それが何回か繰り返され、私が男物のシャツにアイロンをかけることは2度とありませんでしたとさ。

めでたし。

2 comments:

グラントリノ観ましたか?Romy said...

あはは!

なんて素敵な奥様なのでしょう!!私もアイロンがけ嫌いです、というかここ5年以上かけてません。
クリーニングにすればいいのにィ。といいつつ私もクリーニングも面倒なので、しわしわ~なシャツをきて会社普通に行ってます、あはは苦笑

梅*(Ume*) said...

>グラントリノ見ましたかのRomyさん

覚えてますか、某Andrew氏?
彼なんて
"I don't iron."
って言ってましたよ(爆)

形態記憶シャツにすればいいのにイ
と思うけど、Romyちんはそのおおらかさが良いのよ。
ところでグラントリノって何かしら?