Tuesday, 29 November 2011

こんな部活動があったら

××クラブよりは××部の方が好きである。
なんでだろう?
とにかく『部』、部のほうが好きなのだ。

中学はテニス部に入って年中練習に明け暮れていた。
というよりは明け暮れさせられていた。
毎日放課後の練習はもちろんのこと、朝練も当然あり、試合前は昼休みだって練習だった。
まだ土曜日も授業があった時代で昼から夕方ボールが見えなくなるまで練習だったし、日曜日も当然練習。雨の日は体育館で練習、体育館でスペースがなければ廊下で素振り。
夏休みも前半は大会だったし、お盆をはさんで1週間以外は毎日練習。年末年始も4日ほどしか休みはなかった。
私はそんな部活動が大嫌いだったのに、とうとう辞めることができず受験勉強で引退するまで続けた。

テニスは私の小児喘息を完治させ、体を生まれ変わったように丈夫にしてくれたので結局はよかったんだけど、あの厳しい先輩後輩文化は私にとってはアホらしかった。きつい練習も性に合わず、今でも何かに所属するのに躊躇するのはあの頃の反動なのかもしれないと思う。

それにくらべて高校の美術部は楽しかった。
部員は数人しかおらず、部長は学年が1つ下の草でも食んでいそうなバンビ男子だった。実は彼が目当てで入部したのだ。自由気ままに気が向いたら行って、気が向いたら作品を仕上げていた。
顧問の先生もゆったりした穏やかな人で、私は夢の中でいいからあの頃に戻ってみたいと時々切に願うほどである。

こちらに来て自分の選択というよりは夫の上司のすすめでクラブのようなものに顔を出してみたりもした。そこのクラブから派生しているクラブにも行ってみた。でもどれも私向きでなくてすぐに行かなくなってしまった。
町の編み物サークルに参加してみようかと思ったこともあるけれど、それもなんだか違う気がして行ってない。

あの頃の美術部みたいなのはないかしら。
みんなで何かやりましょうじゃなくて、何かを好きな人たちが勝手に集まってそれぞれ何かしているようなの。そして指導者がいて必要なときにアドバイスをくれるようなところ。

私がここ数年ずっとやりたいと思っていることに木版画がある。彫刻刀で木を削るあの感触がたまらなく好きなのだ。有料のレッスンはあるけれど、木版画部というのは見つけていない。
レッスンでもいいから1度行ってみるのもいいかもしれない。

2 comments:

Jasmine said...

久しぶりです♪美術部に入ってたんですね、私は短大で美術部に入って、ちまちま描いてました。意外な共通点で、何か嬉しくてコメントしました。

梅*(Ume*) said...

Jasmineさん
きゃー、本当にお久しぶりですっ♪
コメントありがとうございます。
Jasmineさんも美術部だったなんて^^
知らなかった。
昔はこんな話、全然しなかったですよね。なんかもったいなかったですね。

またJasmineさんのブログにも遊びに行きますね。